2007年 11月 26日
おひさ~
待っててね~  タタタッε=ε=(((((((( *・`ω・)っって言ったら

ルリちゃんは 
ゴブサ(´・ω・`) 
って待っててくれました。

次の日はキクちゃんも 
 (っ・ω・。)っ オヒサァ♪ 

と出迎えてくれました。

これはひとえに私の日頃のおこないが良いからでしょう?
そんなことあるか!
と叫ぶ声が聞こえてきそうですが、でもそんなのかんけいね~


◇日本一小さい鳥さんです。
b0093742_22514926.jpg


◇すばしっこいので手強い相手です。
b0093742_22523263.jpg


◇頭頂の黄色が菊の花びらに見えることから「キク イタダキ」と名前が付きました。
b0093742_2253938.jpg

写真は全てD300で撮影。






2日間D300を使った感想です。
個人的な感想なので、あまり参考にならないかも・・・

1.高感度ノイズ
 前回室内でD200比較で高感度ノイズの検証を行いました。
 D200より高感度ノイズは改善しているようですが、
 はたして、フィールドで実際に使った場合はどうか!

 (1)ISO800
   ■オリジナル画像
b0093742_2355524.jpg

   ■拡大写真
b0093742_2364359.jpg


 (2)ISO640
   ■オリジナル画像
b0093742_2381937.jpg

   ■拡大写真
b0093742_23114339.jpg


ISO800以上の高感度では上手くノイズを消していますね。
ノイズ除去がONする、ISO800前後でノイズの出方が不自然なので少し違和感があります。
ISO感度自動制御を使うのでちょっと困ったな。
まあ相当トリミングしないと分からないですけどね。

2.AF
  AF精度に関しては定量的な比較が出来ないので、あくまで感想です。
  フィールドでは迷う場合も何度かありました。  
  D200と比較すれば、良くなっているとは思います。
  ただ51点AFは凄いです。
  フレーム内に被写体が入れば何処かのポイントでピントを合わせてくれます。
  下の写真はミサゴの飛翔を撮った写真です。
  51点AFでは被写体をファインダーに捉える事が出来れば、簡単に
  ピントが合います。これには驚きました。
  飛び物には強い見方になりそう。
  
  ■51点ダイナミックAF(オリジナル)
b0093742_23234183.jpg


  ■51点ダイナミックAF(拡大)
b0093742_23243972.jpg


3.アクティブD―ライティング
  上のミサゴの写真はONで撮っています。
  露出補正はー1、被写体が暗くならず羽の模様が撮れています。
  青空と言う好条件だった事も有るので、万能ではないですが、使えそうですね。

4.電池の持ち
  D200より改善しています。でもD70ほどではありません。

5.100%ファインダー視野率
  見やすいです。風景やポートレートには重宝するでしょうね。
  鳥撮りにはあまり必要無かったりして・・・

6.イメージダストクリーニング
  効いているかどうか不明。 (キュ~ンって音はしてるけど・・・)

その他、ライブビューや3D-トラッキングなどまだ使っていないので
また試してみます。
[PR]

by field_mark | 2007-11-26 00:19 | キクイタダキ


<< 紅葉      帰ってきた ルリ >>