2006年 08月 20日
観察出来た野鳥は・・・でした。(長編なので読む時はご注意を!)
最近、いつも行くフィールドで鳥撮りの常連さんと顔を合わせると、
「何かいました?」
「いや何もいませんね~」が挨拶がわりです。

この鳥の少ない真夏に身近で何種類の鳥さんが観察出来るのか、近所をぶらぶら歩いて調べて来ました。
今回カウントする鳥さんは、「翼、クチバシ、羽毛があって飛ぶもの」ようするになんでも有りです。(^o^)

場所は住宅街でカメラを持ってうろうろしていると怪しいので、近くに流れている仁川から武庫川の合流点付近までの川筋約4Km弱をクソ暑い中テクテク歩きながら探鳥して来ました。
(ハッキリ言ってアホです。)

では出発です。
まず自宅を出て直ぐにハシブトガラスを発見。(1種類目)
少し歩くと仁川の川べりに着きました。
辺りを見渡すと電線にムクドリがとまっています。(2種類目)

住宅街に沢山いるムクドリ
b0093742_22315238.jpg


対岸の電線にはセグロセキレイの姿が見えます。(3種類目)
ここから仁川沿いを下って行きます。
仁川の河川敷に降りる階段下にキジバトがいました。(4種類目)

人を恐れないキジバト
b0093742_22323718.jpg

暑さで気を失っていたのか?逃げるのが面倒くさいのか?
直ぐ横を通っても逃げません。
こんなキジバトはほっといて先を急ぎます。
仁川駅近くでハクセキレイが小魚を捕っていました。(5種類目)

小魚を捕っていたハクセキレイ
b0093742_22332558.jpg


暑いので冷たいお茶を1ぱい飲んで更に仁川を下ります。
阪神競馬場の近くまで到達しました。
この付近はほとんど水が流れていません。
水の流れていない川を見ると、よけいに暑くなってきました。
ふと見ると、草むらがガサガサ揺れています。
目を凝らして見ると、その正体はスズメさんでした。(6種類目)
b0093742_23375425.jpg

スズメさんに別れを告げて更に仁川を下ります。
やっと武庫川の合流点に到着しました。
枯れた仁川と打って変わって水が沢山流れています。
川はやっぱりこうでなくちゃ!と変に納得しながら中州の方を見ると黒い鳥が群れています。
カワウの集団です。(7種類目)
こいつらは何処にでもいるな~とつぶやきながら歩き出します。

カワウの群れ
b0093742_22341849.jpg


まだ行けそうなので、もう少し武庫川を下って見ることにします。
少し下ったところに堰堤がありました。
堰堤の中央部分には水路があるようです。
幸い堰堤の上には水が流れていないので堰堤を歩いて川の中央部まで行って見ます。
水路の近くまでやって来ました。
この水路でコサギが魚を狙っていました。(8種類目)

水路で魚を狙うコサギ
b0093742_22345621.jpg


他にダイサギ(9種類目)、チュウサギ(10種類目)、アオサギ(11種類目)も集まっていました。

ダイサギとチュウサギ
b0093742_223691.jpg


川の中央からみる上流、下流の眺めを味わった後、岸に戻ります。
岸に戻るとドバトが木にとまっていました。
ドバトは野鳥かな?と思いつつ、まあ何でもありなので。(^^)(12種類目)
ここから更に下るとたぶん帰り着くまでに行き倒れになりそうなので引き返すことにします。
少し引き返したところで飛び回っている元気なヒバリを発見。(13種類目)

暑くても元気なヒバリ
b0093742_22353465.jpg

ここで探鳥は終了。
と言うことで夏の暑い日に身近で見れた鳥さんは13種類でした。
これってトリビアにならないですかね?
なるわけないですよね。(* ̄∇ ̄*) ヘヘ
長い間読んで下さった方々ありがとうございました。
[PR]

by field_mark | 2006-08-20 22:55


<< 田園にて(その1)      暑いよ~ >>