2009年 04月 08日
ツリスガラ
海老江の後、尼崎に寄ってみました。
ここは埋立地で、野鳥が生息しているようには見えない場所ですが、
埋立で出来た池やその周辺にある葦原には様々な生き物が生息しています。
しかし人工の造成地で、日々埋立が進んでいるので、野鳥が飛来する池は
殆ど無くなってしまいました。

昨年、コオバシギやエリマキシギ、キリアイやヒバリシギが居た池は姿を消してしまいました。
セイタカシギが長い間滞在していた池も泥沼と化しています。

唯一残された池の葦原にツリスガラが5~6羽囀っていました。
池ではオオソリハシシギがエサをとっていました。
このような光景が近い将来見れなくなるのは残念で仕方ありません。

b0093742_2348618.jpg

b0093742_23472258.jpg

[PR]

by field_mark | 2009-04-08 23:59 | ツリスガラ


<< ミヤコドリ      シギ・チドリⅡ >>