<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 31日
カモメ~が飛んだ~ カモメ~が飛んだ~ ♪☆\(^0^\) ☆♪
ウソです。
これカモメではありません。
ネコじゃ無いですが、ミャーと鳴くウミネコです。

シギチを撮りに行ったんですが殆どいなくて・・・(=^. .^=) ミャー
ところでタイトル見て口ずさんだ人は・・・( ̄ー ̄)ニヤリ



良く見ると目つき悪いですね。
b0093742_23291599.jpg



体はけっこうズングリしていますね。
b0093742_2330202.jpg



ミャ~
b0093742_23305364.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-31 00:03 | ウミネコ
2006年 08月 30日
田園にて(その5) ピーヒョロロロ
私がタカ類の飛翔姿をみて、唯一判別出きるのがこのトビです。
人間社会の一番近くにいるタカではないでしょうか。
普通に見れるので、なんだトビかと思ってしまうのですが、飛翔姿はさすがタカですね!

トビは上昇気流をつかまえて帆翔しながら飛びます。
「トンビに油揚げをさらわれる」と言う言葉がありますが、トビはすごく目が良くて
上空で大きな輪を描きながら地上のエサを探しているそうです。

またトビはタカの中でもよく鳴きます。
トビの鳴き声は田園に似合いますね。
このトビもピーヒョロロロと大きな声で鳴きながら上空を旋回していました。



タカの中でも大型の部類です。でもよくカラスに追っかけられてるんですよね。
b0093742_24910.jpg



特徴の翼の白斑がよく見えます。
b0093742_27696.jpg



こうやって地上のエサを探しています。
b0093742_283246.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-30 02:13 | トビ
2006年 08月 29日
田園にて(その4) 秋はそこまで
いつも行くフィールドでは夏になるとホオジロさんは姿を消してしまいます。
でもこんな所にいました、それもスズメのようにたくさん。
あちこちで「一筆啓上つかまつりそうろう」と綺麗な声で精一杯さえずっていました。


栗の木で「一筆啓上つかまつりそうろう」
もう秋はそこまでやって来ていますね。栗のイガが大きくなっています。
b0093742_0415095.jpg



屋根の上で天までとどけと「一筆啓上つかまつりそうろう」
b0093742_0431684.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-29 00:50 | ホオジロ
2006年 08月 27日
田園にて(その3) コシアカツバメ
この写真も探鳥地探しに行った時の写真です。
のどかな田園地帯を車で走っているとツバメがたくさん飛び回っていました。
良く見ると腰のオレンジ色が特徴のコシアカツバメです。
もう少しで彼らともお別れですね。
また来年元気で帰ってきて欲しいです。


胸の模様がツバメとの違いです。
b0093742_17485693.jpg



正面から見るとちょっと間抜け顔 (* ̄m ̄) ププッ
b0093742_17511469.jpg



腰の赤褐色が特徴です。飛ぶと良く目立ちます。
b0093742_1753359.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-27 18:03 | コシアカツバメ
2006年 08月 25日
田園にて(その2) ササゴイ(若)
このササゴイの若鳥がいた場所は、前回のケリがいた場所から少し離れた場所です。
ここも水田が広がり、川が流れていて、ダム湖もあります。
冬場は水鳥もたくさん訪れそうで楽しみな場所です。


み~つけた!
首を伸ばして木の枝に擬態していたのでしょうか?
ヨシゴイは擬態すると聞いた事がありますが・・・
b0093742_036638.jpg



見つかってビックリしたようです。
b0093742_037341.jpg



成長に比べ濃い色をしてますね。
b0093742_0382765.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-25 00:47 | ササゴイ
2006年 08月 23日
田園にて(その1)
久々に鳥さんのまともな写真です。(^^;)
この夏休みを利用して新しい探鳥地を探しに行ってきました。
ここはまだ水田がたくさん残っていて本当にのどかなところです。

水田に何かいないかと探していると、ケリがエサを啄ばんでいました。
稲穂が伸びていて見つけにくかったですが、幸い稲穂の影に隠れて
かなり近づく事ができました。
飛ぶと白黒茶色のコントラストが美しい鳥さんですが、今回飛翔写真は失敗です。(;_;)
今度撮れたら紹介します。
この周辺にはまだ沢山良さそうな所がありそうなので、秋から冬にかけて楽しみです。



チドリ目チドリ科の鳥さんです。水田や畑に多いようで干潟ではあまり見かけません。
b0093742_2359156.jpg



このように小群で行動しているようです。この時も5、6羽いました。
b0093742_23595698.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-23 00:13 | ケリ
2006年 08月 20日
観察出来た野鳥は・・・でした。(長編なので読む時はご注意を!)
最近、いつも行くフィールドで鳥撮りの常連さんと顔を合わせると、
「何かいました?」
「いや何もいませんね~」が挨拶がわりです。

この鳥の少ない真夏に身近で何種類の鳥さんが観察出来るのか、近所をぶらぶら歩いて調べて来ました。
今回カウントする鳥さんは、「翼、クチバシ、羽毛があって飛ぶもの」ようするになんでも有りです。(^o^)

場所は住宅街でカメラを持ってうろうろしていると怪しいので、近くに流れている仁川から武庫川の合流点付近までの川筋約4Km弱をクソ暑い中テクテク歩きながら探鳥して来ました。
(ハッキリ言ってアホです。)

では出発です。
まず自宅を出て直ぐにハシブトガラスを発見。(1種類目)
少し歩くと仁川の川べりに着きました。
辺りを見渡すと電線にムクドリがとまっています。(2種類目)

住宅街に沢山いるムクドリ
b0093742_22315238.jpg


対岸の電線にはセグロセキレイの姿が見えます。(3種類目)
ここから仁川沿いを下って行きます。
仁川の河川敷に降りる階段下にキジバトがいました。(4種類目)

人を恐れないキジバト
b0093742_22323718.jpg

暑さで気を失っていたのか?逃げるのが面倒くさいのか?
直ぐ横を通っても逃げません。
こんなキジバトはほっといて先を急ぎます。
仁川駅近くでハクセキレイが小魚を捕っていました。(5種類目)

小魚を捕っていたハクセキレイ
b0093742_22332558.jpg


暑いので冷たいお茶を1ぱい飲んで更に仁川を下ります。
阪神競馬場の近くまで到達しました。
この付近はほとんど水が流れていません。
水の流れていない川を見ると、よけいに暑くなってきました。
ふと見ると、草むらがガサガサ揺れています。
目を凝らして見ると、その正体はスズメさんでした。(6種類目)
b0093742_23375425.jpg

スズメさんに別れを告げて更に仁川を下ります。
やっと武庫川の合流点に到着しました。
枯れた仁川と打って変わって水が沢山流れています。
川はやっぱりこうでなくちゃ!と変に納得しながら中州の方を見ると黒い鳥が群れています。
カワウの集団です。(7種類目)
こいつらは何処にでもいるな~とつぶやきながら歩き出します。

カワウの群れ
b0093742_22341849.jpg


まだ行けそうなので、もう少し武庫川を下って見ることにします。
少し下ったところに堰堤がありました。
堰堤の中央部分には水路があるようです。
幸い堰堤の上には水が流れていないので堰堤を歩いて川の中央部まで行って見ます。
水路の近くまでやって来ました。
この水路でコサギが魚を狙っていました。(8種類目)

水路で魚を狙うコサギ
b0093742_22345621.jpg


他にダイサギ(9種類目)、チュウサギ(10種類目)、アオサギ(11種類目)も集まっていました。

ダイサギとチュウサギ
b0093742_223691.jpg


川の中央からみる上流、下流の眺めを味わった後、岸に戻ります。
岸に戻るとドバトが木にとまっていました。
ドバトは野鳥かな?と思いつつ、まあ何でもありなので。(^^)(12種類目)
ここから更に下るとたぶん帰り着くまでに行き倒れになりそうなので引き返すことにします。
少し引き返したところで飛び回っている元気なヒバリを発見。(13種類目)

暑くても元気なヒバリ
b0093742_22353465.jpg

ここで探鳥は終了。
と言うことで夏の暑い日に身近で見れた鳥さんは13種類でした。
これってトリビアにならないですかね?
なるわけないですよね。(* ̄∇ ̄*) ヘヘ
長い間読んで下さった方々ありがとうございました。
[PR]

by field_mark | 2006-08-20 22:55
2006年 08月 19日
暑いよ~
残暑お見舞い申し上げます。
皆様、連日暑い日が続いています、体調をこわしやすい時期なので、気を付けて下さいね。

こう暑いと鳥さんも犬のようにハァハァしています。
もう直ぐ秋です、鳥さんも頑張れ!!
写真は鳴いているようにも見えますが、ハァハァしている写真です。

アオサギさん、見ているだけで暑くなりそう。 (#´ο`#) ハァハァ
b0093742_2333897.jpg


真っ黒けのカラスさん、こいつは暑いでしょうね。 へ(×_×;)へ ハァハァ
b0093742_23382642.jpg


ヒバリさん、暑い河原でハァハァしてますが、こいつは元気です。ヽ(^○^)ノ
b0093742_23414160.jpg


暑苦しい写真ばかりだったので、少し涼しさをどうぞ。(^^)/
b0093742_23492337.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-19 00:07
2006年 08月 16日
シギチの渡りはもう始まってました
昨日までは更新が滞っていたのに連日の更新です。(^^)v
これでまたちょっと更新は・・・

今日はMY Fieldを離れて大阪南港野鳥園と言うところに行って来ました。
ここは大阪市の南に位置した埋立地にあります。
もともと渡り鳥の多い所だったそうですが、海岸線を埋め立ててしまったため人工的に
干潟を作り渡り鳥が羽を休める場所を作ったそうです。

この大阪南港野鳥園に、早くもシギチが北の方から渡って来ていると聞いて見に
行きました。
しかし、今日は潮回りが悪くあまり干潟が出ていなかったので数は少なかったようです。
でも、トウネン、キアシシギ、キョウジョシギ、シロチドリ、コチドリなど既に沢山渡って
来ているようですね。
まだまだ残暑が厳しいですが、野鳥の世界は既に秋の渡りの時期に入って来ている
ようです。

でもここは展望塔や観察所から干潟までが遠くて私のレンズでは役に立ちませんでした。
(;_;)まあ雰囲気だけでも見て下さい。



こんな感じのところです。干潟にいる小さい鳥が見えますか?肉眼で見るとこんな感じです。
b0093742_0581335.jpg


ズームしてみました、でもこんなもんです。ここではデジスコでないと役に立ちません。
b0093742_0584177.jpg


反対側もこんな感じで葦原が広がっています。
b0093742_0585639.jpg


あまりに遠くて写真もろくに撮れなかったので、春の渡りの時に行った甲子園浜に
シギチが来ているか見に行きました。ところが Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン干潟が出ていない。
悔しいのでそこら辺にいたヒバリを撮って帰りました。
b0093742_059958.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-16 01:32
2006年 08月 15日
こんなに大きくなりました
このところ何かと忙しくて、更新出来ずにいました。
久しぶりの更新です。
暑苦しいのでページの色も変えてみました。(^^)v

最近は暑いせいもあるんでしょうが、換羽の時期なんでしょうね。
あまり鳥さんを見かけません。
今回の写真は今年生まれの若鳥の成長した姿です。
元気に育って欲しいです。

ヤマガラ(若) 少し色が出てきました。
b0093742_034581.jpg


セグロセキレイ(若) まだまだ色はハッキリしていません。
b0093742_041831.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-08-15 00:10