<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 29日
もう直ぐ巣立ち
おっと、夏鳥で残っている鳥はツバメもいましたね。
この場所では何組かのツガイが子育てしているようです。

カラスなどの外敵からヒナを守るため、巣は民家の軒先などのにぎやかな場所に営巣します。
この時も人が頻繁に訪れる公園の休憩所横に子供を置いて、親鳥はエサを探しに行っていました。
人間を子守代わりにつかって、自然の動物はしたたかに生きていますね。

     体は親鳥と変わらないぐらい大きくなりました。
b0093742_23575494.jpg


     でも、「エサちょ~だい!」 まだまだ子供です。
b0093742_23581222.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-29 00:16 | ツバメ
2006年 06月 24日
美しき夏鳥
夏鳥の中で今残っているのはセンダイムシクイとこのキビタキぐらいです。
静かになった森の中で、澄んだよく通る声でさえずりを聞かせてくれます。

キビタキは黒と黄色と白のコントラストがたいへん美しい夏鳥です。
人間の目には鮮やかな配色ですが、一説によると木漏れ日の中で保護色になっていると言うことらしいです。
まあ真意の程はわかりませんが、自然が作り出した素晴らしい配色には違いありません。


    さえずりは複雑ですが、澄んだ美しい声を楽しませてくれますね。
b0093742_18222483.jpg


    なんともいえない美しい鳥です。
b0093742_18245868.jpg


    木漏れ日の中で保護色になっていると言えばそうかな・・・
b0093742_18273783.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-24 18:50 | キビタキ
2006年 06月 20日
焼酎一杯、グィー
最近鳥さんはほとんどいないのに、山に行ってしまいます。
習慣と言うのか、中毒と言うのか・・・
シジュウカラやヤマガラが姿を見せる程度で、山は本当に静かです。
静かになった山ですが、センダイムシクイさんだけはいつも相手してくれます。
「チヨチヨチヨ ピー」が「焼酎一杯、グィー」に聞こえるかどうかは定かではありませんが、
この声を聞くと必死に探してしまうのでした。

    いつも大きな声でさえずっています。
b0093742_0124132.jpg


    何を思ったか目に前の枝にとまりました。近すぎてあせった!
b0093742_0161565.jpg


    さすがにウグイス科の鳥さんです。
    ウグイスに似てますね、でもセンダイムシクイの方がよっぽど見つけやすいです。
b0093742_0221523.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-20 00:31 | センダイムシクイ
2006年 06月 17日
シギチシリーズ最終回 オオソリハシシギ
シギチシリーズも10回目を迎えました。
いよいよ今回で最終回です。
最終回はオオソリハシシギです。
長くて上に反ったクチバシが特徴のシギです。
このクチバシを泥の中に差し込んでエサを捕るそうです。

そこでシギのクチバシの秘密を調べたのでちょっと
「シギのくちばしの先は柔らかく、神経が集まっています。くちばしを泥の中にさし込むと、
くちばしの先でえさがあるかどうか探ることができます。また、上のくちばしの先を曲
げ、泥の中でえさをはさむこともできます。」

という事は、クチバシの先をくすぐると、こそばゆいのかなと思ってしまします。(^v^)

b0093742_0443227.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-17 00:51 | オオソリハシシギ
2006年 06月 16日
コチドリ
シギチシリーズ第九弾はコチドリです。
もう9回目になってしましました。(^ ^;)ゞ
そろそろ終りますのでもう少しお付き合い下さい。

コチドリ⇒小千鳥⇒小さいチドリ
チドリ類では最小の鳥さんです。
小さいので広い干潟では大変見つけにくいです。
目の周りの黄色いリングが特徴の可愛いチドリですね。

b0093742_235248.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-16 00:01 | コチドリ
2006年 06月 15日
メダイチドリ
シギチシリーズ第八弾はメダイチドリです。
メダイチドリ⇒目(眼)大千鳥
チドリ類は大きな目をしている鳥さんが多いですね。

このメダイチドリはゴカイが好物らしいです。
皆さんゴカイって知ってます?
釣りが好きな方なら良く知っていると思いますが、ミミズと同じ環形動物です。 ・・~~~
このゴカイを洗ってチュルチュルと飲み込むそうです。
うっ、ちょっとキモイ!(×_×)
b0093742_115444.jpg
b0093742_1154879.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-15 01:26 | メダイチドリ
2006年 06月 11日
千鳥足に正体は?
シギチシリーズ第七弾はシロチドリです。
小型のチドリで最も白く見えます。
だからシロチドリ。
う~ん、名前由来問題には使えんな。ヘ(´o`)ヘ

という事で、千鳥足について一言。
この鳥さんは足が速くて、走り出したかと思うと、ピタッと止まります。
この鳥さんが付けたジグザグの足跡を見て、昔の人が千鳥足と言う言葉を考えたそうです。
酔っ払いの千鳥足はここから来たんですね。


   では酔っ払いではないシロチドリさんをどうぞ
b0093742_0243890.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-11 00:38 | シロチドリ
2006年 06月 10日
ダイゼン
早くもシギチシリーズ第六弾です。
今日はチドリの中でも大型のダイゼンです。
同じような姿かたちをした、ムナグロと言うそっくりさんもいます。
私にはまず見分けが付かないでしょうね。(^v^)
そこで、またまた名前の由来問題です。
ダイゼンと言う名前の由来分かります?
今日はちょっと難しいですよ。
ヒントはダイゼン⇒大膳です。
b0093742_0131526.jpg


こたえ
[PR]

by field_mark | 2006-06-10 00:33 | ダイゼン
2006年 06月 07日
ハマシギ
シギチシリーズ第五弾はハマシギです。
ハマシギ⇒はま・しぎ⇒浜・鷸⇒浜にいる鷸
あれ、そのままやん!
う~ん これじゃ、名前の由来ネタも使えないじゃない。
と言うことで今回は名前由来クイズは無しです。


     夏羽はお腹に黒い斑紋が目立ちます。でも決して腹黒くはありませんよ。
     冬羽は白っぽくなるそうです。
b0093742_2371749.jpg


     水浴び中です。
b0093742_239413.jpg


     海水で水浴びすると、ねっとりしそう・・・
b0093742_2311185.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-06-07 23:21 | ハマシギ
2006年 06月 06日
トウネン
シギチシリーズ第四弾はトウネンです。
小型のシギで2枚目の写真のように群れでエサを捕っているところを良く見かけます。
そこで前回に引き続き名前の由来問題です。
トウネンと言う名前の由来はどこから来ているでしょうか?
ヒントは本文中にあります。
分からなかったら下の「こたえ」をクリックして下さい。


    シギの中では小型です。
b0093742_0583952.jpg

    ハマシギも混じっていますが、このように群れでいる事が多いようです。
b0093742_059655.jpg


こたえ
[PR]

by field_mark | 2006-06-06 01:02 | トウネン