カテゴリ:カワセミ( 4 )

2007年 01月 06日
翡翠
 新春第二弾はカワセミのお話です。
 お正月休みに借りたCDの中に「翡翠」と書かれた曲がありました。私の頭の中では「翡翠⇒カワセミ」と読んでいたので、ほ~!カワセミの歌なんて珍しいなと思って聴いていると、カワセミなんて歌詞はどこにも出てきません。(当たり前ですね) 歌詞を見てみると「翡翠」は「ヒスイ」として歌われていました。
確かに「ヒスイ」とも読めるなと思い「翡翠」の由来を少し調べてみました。

 漢字の「翡翠」はカワセミ、ヒスイどちらにも読めます。ヒスイは深緑の半透明な宝石のひとつで、カワセミの色に由来して付けられたそうです。翡翠は中国では元々カワセミを指す言葉だったそうですが、翡翠が宝石の玉も指すようになったそうです。その経緯は分かっていないそうですが、ヒスイの中でも白地に緑色と緋色(ひいろ)が混じる石はとりわけ美しく、カワセミの羽の色に例えられ翡翠玉と名づけられたそうです。この「翡翠玉」がいつしか「玉」全体をさす名前になったのではないかと考えられています。

 古代日本では玉は「たま」、カワセミは「ショウビン」と呼ばれていて、同じ名前が付けられていた記録はないようです。「翡翠」の語は比較的新しい時代に中国から輸入されたと考えられています。また「翡」は赤い羽、「翠」は青い羽を指しているとも、「翡」はオス、「翠」はメスを指しているともいわれているそうです。

「渓流の宝石」、「飛ぶ宝石」とも言われるカワセミは昔から宝石のように美しい鳥として人気があったのでしょうね。
長々と書いてしまってすいませんでした。m(_ _)m


■飛ぶ宝石とは良く言ったものですね。
b0093742_1359370.jpg


■背中のコバルトブルーがとても鮮やかです。
b0093742_1411558.jpg

[PR]

by field_mark | 2007-01-06 14:52 | カワセミ
2006年 12月 14日
カワセミと新幹線
ネタが無かったので、カワセミ話です。
結構有名な話なのでご存知の方は読み飛ばして下さい。
タイトルの「カワセミと新幹線」、一見関係なさそうですが500系新幹線の開発者がバードウォッチャーで、トンネル通過時の騒音軽減のために考えられた長い先端部の形状は、カワセミのクチバシを参考にして作られたたそうです。人間が自然界から得た物は沢山ありますね。自然は天才だ!
ちなみに、パンタグラフの風切り音軽減にはフクロウの羽の形状から得られた技術が使われているそうです。


■確かに空気抵抗が少なそう
b0093742_052373.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-12-14 00:29 | カワセミ
2006年 10月 07日
お久しぶり~
(゜O゜) あ゛~っ 出すの忘れてた!!
久しぶりのカワセミさんです。
チビセミとオヤセミが仲良くお出迎えしてくれました。


■チビセミさん、魚を上手く捕れるようになりました。
b0093742_23382284.jpg


■オヤセミも鋭い目つきで魚を狙っています。
b0093742_23385390.jpg


■カラス警報!警戒中
b0093742_23393577.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-10-07 00:05 | カワセミ
2006年 07月 20日
青い鳥はいない?
日曜日、久しぶりに鳥らしい鳥に出会いました、カワセミさんです。
鳥らしい鳥ってなに?とは突っ込まないでね(笑)

私が行った時はちょうど誰もいなくてカワセミが魚を捕っていました。
久しぶりにカワセミを見たので食事中なのは知りながら追い掛け回してしまいました。
カワセミさんごめんなさい。m(_ _)m

ところで変なタイトルですがその理由をすこし。
今回の写真は青い鳥のカワセミくんです。
最近買った雑学の本に「青い鳥はいない?」と書かれてありました。
本を読みながら、「なんでやねんオオルリやルリビタキやカワセミがいるやんか」と一人で突っ込んでいましたが、
内容を読んでみると思わず「へ~そうなんや」とつぶやいてしまいました。
その内容とは、鳥の羽毛には青い色素は無くて青く見えるのは「構造色」によるものだそうです。
で、「構造色」とは何かと言うと羽毛には微細な構造があってそこに光が当たり、光の干渉、回折、散乱がおこって
見える色だそうで、羽毛そのものに青い色が付いているわけではないそうです。
と言われてもみても、やっぱり色付いてんじゃないと思ったりもしますが、ルリビタキなどは光のあたり具合によって
濃い青色になったり、コバルトブルーのような鮮やかな青色になったりするんでそうかなとも思ったりもします。
まあ鳥を研究している人が言ってるんですから本当なんでしょう。
ちなみに他の色はと言うと、鳥の主な色素はメラニンとカロテノイドだそうです。
メラニンは黒から褐色を作るユーメメラニンと橙から赤色を作るフェオメラニンがありこれは体で作り出されるそうです。
カロテノイドの方は食べ物から取り込まれる黄色から赤色の色素だそうです。
メジロの綺麗な緑色は、このメラニンとカロテノイドが混ざり合って出来ているそうです。
長々と書きましたが、まあ雑学と言う事で聞き流して下さい。(笑)


   小魚を狙っているところです。この後ダイブしましたが写真は撮れず(泣)
b0093742_0432212.jpg


   逆光です。そう言われれば色が変わって見えるような・・・
b0093742_04605.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-07-20 01:22 | カワセミ