カテゴリ:チュウシャクシギ( 3 )

2013年 05月 04日
干潟
今日は鳥見をお休みしようと思ってたけど、急に干潟に行きたくなって行ってみた。
急に思い立って行ったので干潮時間を過ぎていて全然干潟が出ていないじゃないか。
干潟が出ていないと言う事はシギチもいない。
それでも目当ての鳥さんを探してみたけどやっぱり居なかった。
写真撮ってた人に聞いたら昨日は居たとか・・・ orz
鳥運悪いな~
で、テトラの上にいたチュウシャクシギです。
もう少し大きかったらな~

b0093742_1735054.jpg

[PR]

by field_mark | 2013-05-04 17:36 | チュウシャクシギ
2007年 05月 28日
あれれ 今年はやっぱり変だな
コアジサシを撮った場所と同じところにシギチがやってきます。
今年は山の鳥と同様、シギチの飛来数が少ないようで干潟は寂しい状況でした。
阪神大震災で地盤沈下し干潟が減少した影響で年々シギチの飛来数が減って来ています。
このチュウシャクシギも来年またやって来てくれるか心配です。
その他のシギチは次回紹介します。

◇こんな姿してますが、結構綺麗な声で鳴くんですよね。
b0093742_2303743.jpg


◇好物のカニを捕まえました。
b0093742_232135.jpg


◇ハサミや脚を全部落としてゴックンです。ほら、喉が膨らんでるでしょ。
b0093742_2335686.jpg


【チュウシャクシギの飛翔写真】
◇×2(600mm) 2倍テレコンを付けるとAFはとっても遅いです。
b0093742_2352239.jpg


◇テレコンなし(300mm)
b0093742_237955.jpg


それからシギチの撮影と言うことで初めて2倍のテレコンを試して見ました。
上の写真は飛翔写真1枚を除いて全て2倍テレコンを付けて撮った写真です。
2倍テレコンはNikon純正ではなくKenkoのデジタルテレプラスPRO300です。
純正では無く、倍率も2倍なので画質はあまり期待していませんでしたが、1段絞ると
まあまあの写りをしてくれるのには正直驚きました。
ただ晴れた日という条件が付きますが、最後の手段としては使えそうです。

VR328+2倍テレコンで600mm 
35mm換算では900mm これを手持ちで撮れるとはVRは重宝します。

2倍テレコンのテスト撮影
[PR]

by field_mark | 2007-05-28 00:06 | チュウシャクシギ
2006年 05月 30日
チュウシャクシギ
最近、シギチに凝っています。
ちょっと見に行くのが遅すぎて、ピークは過ぎてしまいましたが、見たことの無いシギチがたくさんいました。
干潟は山と違って、鳥さんを探すのが楽でいいですね。
でも遠いので写真撮るのは大変です。
シギチは、南国(東南アジア、オーストラリア)から繁殖のため、北国(東北シベリア、アラスカ)
まで数千キロの長旅をします。その途中、日本各地に立ち寄ります。
このチュウシャクシギも、これからの長旅に備えて、沢山エサを食べて体力を蓄えているんでしょうね。

これから少しの間、「シギチ」シリーズです。
観察場所は甲子園浜(浜甲子園とも言います)。
鳥獣保護区で、4、5月はシギチ保護月間になっています。


    チュウシャクさんはカニ捕り名人です。
    下に湾曲した長いくちばしを上手に使って、次から次へとカニを捕って行きます。
b0093742_23382540.jpg


    ホイピピピと体に似合わず可愛い声で鳴きます。
b0093742_23394685.jpg

[PR]

by field_mark | 2006-05-30 00:05 | チュウシャクシギ